戻る〜


完全不定期堕落日誌5年07月


過去の日記
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
1998年                 すべて すべて 前半後半 すべて
1999年 前半 後半 前半 後半 前半 後半 前半 後半 すべて すべて 前半 後半 前半 後半9月 すべて すべて すべて
2000年 すべて すべて すべて すべて すべて その1その2その3 前半後半 すべて すべて すべて すべて すべて
2001年 すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて まだ まだ まだ まだ
2002年 すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて
2003年 すべて すべて すべて まだ まだ すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて
2004年 すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて
2005年 すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて 現在      


現在進行中

近々に開始予定

懲らしめ2
欲しいぞ
すめらぎの巫女DVD
うさみみデリバリーズ

掲示板 ちょこっとメモ


16日 [土] 忙しい

 最近はあほみたいに忙しいし、定例会もほとんど開かれていないから、厳しいなぁ。

5日 [火] 万博・・・

 ・再入場できない。 東京ディズニーリゾート等は再入場可能
・役員は高額報酬。 (ほとんどは役所出身、TOYOTAも16人)
・日本国際博覧会協会会長は豊田章一郎・副会長が18人いる、理事は78人、顧問22人、なお報酬は不明(常勤副会長の給与は月126万円と判明)
・開催場所 瀬戸市、長久手町およびTOYOTA市
・日本最高峰のロボット「アシモ」が出展されていない(初日のみちょっと出演あり)
・ホンダ、ニッサンの出展が無い、燃料電池のダイムラーも無い
・交通アクセスが悪い。 但しTOYOTA市のアクセス(高速・リニア)はすごくよくなった
・入場者数は低迷、当初見込みの1日15万人は未だ未達成
・弁当持込の場合は、その弁当を処分する →★手弁当のみ受け入れ可能となった
・弁当を捨てているのに愛・地球博
・ペットボトルは依然として持ち込み禁止(航空機より厳重なテロ警戒)
 でも水筒はテロ対策の対象から除外
・自販機のドリンクは、一般価格と同レベル
・愛・地球博の命名は、役員のおやじギャクがそのまま採用されたらしい
・日本の主要環境団体(WWFジャパンなど3団体)に出席を断られた
・参加拒否したのは、日本野鳥の会、日本自然保護協会、WWFジャパン
・万博に参加した環境団体、環境NPOは、なぜ出展したのだろう?
・まだ工事中のパビリオンがある
・ふつうの鰻丼(一般的相場1500円)なのに、名古屋名物・「ひつまぶし」
 として売られている 2500円也
 補足 ひつまぶしは鰻丼同様うなぎの料理だが、鰻丼と同じでは無い
・カツカレーセット1000円、焼き肉ランチ1500円、アイスコーヒー 700円
・ある外国パビリオンでは朝食セット2000円、昼食セット3000円
・協会関係者の食堂は、カレー400円、朝食400円、アイスコーヒー180円
・1日15万人の入場で、食事座席数は6000席
・外国館の食事は、おいしいところもあるらしい。一方、調理済み食品を出す店も
・万博内の低価格コンビニ店の弁当は他店への配慮から協会が1店1日1000食に制限。
・園内の食事が不味いと、小泉首相が公認
・TOYOTA館は幼児番組的ロボットショーとよく分からない舞踏(好みは分かれる)
・マンモス館は、最初にSQNYパビリオンを1時間みてからでないとみれない
・マンモスは動く歩道のため、1分程度しかみれない
・発展途上国のパビリオンの多くは、ほとんど物産展あるいは民芸品店状態
 イラン館 絨毯120万円、韓国館 韓流スターグッズ店。ヨン様ホルダー1000円
・弁当は解禁になったが、手弁当に限定。コンビニ弁当等は非衛生的と判断
・毎日新聞ではTOYQTA博と記載されている

3日 [日] 四十九日、一周忌

 えらい前倒しだが、親戚の四十九日。
午後からは妹の一周忌(ちょっと前倒し)。
いい加減厳しいな〜。


戻るのだ〜