戻る〜


完全不定期堕落日誌5年07月


過去の日記
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
1998年                 すべて すべて 前半後半 すべて
1999年 前半 後半 前半 後半 前半 後半 前半 後半 すべて すべて 前半 後半 前半 後半9月 すべて すべて すべて
2000年 すべて すべて すべて すべて すべて その1その2その3 前半後半 すべて すべて すべて すべて すべて
2001年 すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて まだ まだ まだ まだ
2002年 すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて
2003年 すべて すべて すべて まだ まだ すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて
2004年 すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて
2005年 すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて すべて 現在      


現在進行中

近々に開始予定

懲らしめ2
欲しいぞ
すめらぎの巫女DVD
うさみみデリバリーズ

掲示板 ちょこっとメモ


31日 [金] 大晦日

 普通ならコミケあけは旅行に行くのだが、乗らないし、だいたいすでに大晦日なので家でごろごろ・・・というかすでに夕方。

30年来うちと取引もあった、この一帯を牛耳る?本屋、文房具屋、おもちゃ屋の店が今日で閉店。
なんで、品揃えが特にいいわけでもないのに大手チェーンばかりもてはやされるんだろうねぇ?
唯一駅ビルに残っている弱小チェーンも縮小の一途をたどっているし。
これでお別れということで山のように買い込みに行こうかと思っていたのだが、雪が降り積もっていたので中止。すまん。

夜にお見舞いに。調子は良さそうだ。よかったよかった。
帰り中に二年参り決行の知らせを受けて、行き先変更・・・しようと日本橋の改札へ。
「行き先変えて欲しいんですけれど。津田沼まで。」
「なんで最初方津田沼まで買わないの」
「行き先変更になったからですが?」
「あ〜、変更はしないからここで出て、買い直してもらうしかないね」
「なぜ、ここで出て初乗りを払い直さなくてはならないんですか?」
「じゃあ、あきらめて」
・・・流石東京メトロ。やってくれるぜ。何年も駅員とコミュニケート取ってなかったからなぜに評価が低いかわからなかったけれど、よく理解した。

結局、西船橋で一度改札を通ることに。
まぁ、列車も西船橋行きだったので問題なしか。

ゲルさんと合流していざ出発。
例によって年越しそばの店がなかったりしつつも、天気は持ち直していい感じに。
神社に着くといつもよりも30分弱早かったために、火入れをしているところでした。正式な用語忘れましたが。
御神酒を戴き、のんびりと年越しを待つ。
去年と同じく御朱印をもらいつつ、巫女さんと雑談したり。

今年もありがとうございました。

30日 [木] コミケ最終日

 疲労激しく全く起きられず。

8時過ぎに起きていそいそと準備して出かける。
カタログ30秒くらいしか見られなかったよ。

結局テンション上がらず昼頃撤収。祖母の見舞いをして帰宅。
普段会場で会っている人に連絡するのを忘れていたため、色々連絡をもらってしまう。すまん。

29日 [水] コミケ初日

 今日はコミケ初日、しかしながら緊急会議が多々あったために結局いけず。
会社引っ越ししたらすぐに国際展示場に着けるようになるんだがなぁ。

と思ったら、データセンタも国際展示場前かよ。


結局行け無いどころか遅くまで勤務する羽目に。
今日は納会すらあったのになぁ。

28日 [火] コミケ前日

 明日はコミケなのだが、雲行きが非常に怪しい。
休暇も取り消されてしまった・・。
ちょこっと抜け出して軽く見てくるかな。

27日 [月] さすが師走

 急がし〜終わらない〜帰れない〜。

26日 [日] 遭難

 寝られん寝られんと言っているうちに爆睡して、長時間の運転停車も気づかず大阪。
ここから折り返して川西池田経由で箕面へ。
ナイスなハイキングルートがあるのだよ・・。もう紅葉は終わっているだろうが・・・。
一瞬で終点にたどり着いてしまい、物足りないのでさらに上へ。

・・・やっちまいました。
着替えや土産で普段より遙かに重い荷物を持っての急勾配山登りは厳しい。しかも疲れているし。
途中で行くことも帰ることも出来なくなって行き倒れてみたり。
何とか体力を回復させつつ見晴らしの良さそうなところを何カ所か。

下りはのんびりと車道を通っていくかと思えば、皆さん大暴走。怖くって通れない。
バスも当分来ないと言うことで、仕方なく別ルートで下りていく。
途中迷子になりつつも無事に下山。最近こんなのばかりだねぇ。

ちょうどミルフィーユの開店時間だったので一休みしてからちょこちょこ刻みつつ東へ。
お疲れ様でした・・・。

25日 [土] 神は神でも天照大神

 で、半年後の今頃に書くと、何がミスだったかも忘れているわけですが・・・。
とりあえず、時間があまりにも厳しいのと地図が心許ないため、私鉄での神社巡りなんかはあきらめ。
まずは、景色が美しいらしい湖へ。
江南で下りて徒歩で移動。他に下りた乗客は駅員室にいたタクシーで移動していました。
さすが地方だけ合って、そういう立て付けなのね。将来、バスもまともにない田舎に住んだら私もそうなるのか。

で、湖・・・だめだめ。道が結構離れているのと、その間が市有地なので、いまいちいい風景がない。所々にいいポジションはあるんだけれどね、彷徨うのが好きな私にはどうも。

半周弱したところで挫折して、駅へ戻る。
途中雑貨屋で食べ物を軽く購入。なんか、いろいろと勧めてくれたが無しの方向で。
ホームでぽけーと食事したりしつつ出雲市駅へ。なんかでけー。江南とは大違い。
100円バス・・・はちょいと位置が違ったようなので、通常のバスで移動することに。
時間まで、100円ショップでかさを買ったりしつつショップを見て回る。
まずは郷土資料館・・・人いないし。さらに大社駅。ん〜、うらびれかたがいいな。こちらもかなり巨大な駅だったようで、しかも、廃止になってからそんなに経っていない割にとても古い。
う、カメラの電池が突然切れた・・・なんでやねん。
続いてもう一つの資料館・・・へ行く途中でスーパーで電池を。悩んだ末安いものにしておく。
資料館を出るとすごい雨・・・問題ないけど。そのまま島根ワイナリーに行き、軽く見学、軽く試飲・・・。
口当たりが良かったりおいしかったりしすぎて飲み過ぎてしまう・・うぃっぷ。
おみやげ買っていこうと思ったが、感動的に重かったので、簡単なものにしておく。
酔い覚ましに歩いて出雲大社へ。境内をぐるっと回る。ああ、何もかもでかいね。

いきなりの豪雨を避けて入った土産物屋の激しい攻勢を受けつつバスで先の方へ。目指すは日御碕神社。
終点で、「このあたりに神社があるそうなんですけれど〜」「知らないねぇ、灯台ならあっちにあるよ」
・・・マイナーなのか。素戔嗚尊(すさのおのみこと)と天照大神を奉っているのに・・・。
まぁ、迷うこともなくたどり着いて、参拝。その後灯台に行ったり断崖に行ってみたり。
でも、移動しているうちに、夕焼けの絶妙な部分を半分見そこなってしまいましてん。ええ、天気は思いっきり回復して非常に美しい夕焼けでしたよ。
8月7日にすんばらしい神事があるらしい、見てみたいものだ。

行きに同乗していた人と、やっぱり一緒に戻り、なぜか飲食店でも一緒になったり。
夜行に乗る直前、突然、Fortuneさんおよびその友人からメールがじゃんじゃか。文学に聡いらしいぞ。
しかし、圏外のため、途中で強制打ち切り・・・すまん。

24日 [金] いざ西へ

 何したんだっけかな。

芦屋に行き、アンリシャルパンティエの芦屋新本店を見てみたり、現芦屋本店でクリスマス限定料理を食べたり。

昼にキリンビール系の店でグラスビールをおまけに食事。
午後あたりに梅田をうろうろしていたのだが、ネタもないので先に進むことに(ほんとうは夜行で進むつもりだった)。

ちんたらしているうちに、松江に行き宿泊。
結局岡山もどこも観光しなかったなぁ。夜も軽くですませてしまう。
宿泊すると充電しまくれるからいいよねぇ。

周辺の観光施設とダイヤを見て衝撃。JRも私鉄も恐ろしく少なすぎ!
適当にルートを決めて(実はミスだったのだが気づくわけもなく)早めに就寝。

23日 [木] 出発

 普通なら今頃名古屋あたりでうらうらしているはずなのだが、乗らなかったので中止。

病院に見舞いに行ったんだったかな。
アンリシャルパンティエ銀座ホンテンで軽くおやつ。

夜から西に向けて出発。

20日 [月] 手術

 入院の結果緊急手術(全然緊急じゃないな)をした祖母を見舞い。
一瞬で終わっていて拍子抜け。

どんな状況だったんだろう。

18日 [土] 中部行き

 長野に行き、大雪にびびったり(さぶぅ)、名古屋に行きAMPそばの喫茶店に行ったりハードロックカフェ横の店をパスしてどこで食事したんだっけかな。

11日 [土] 関西行き

 西に行ってケーキを食べ倒して帰ってきたんだったかな。
ビジュアルアーツの斜め向かいの店でニンニクラーメンを食べました。
同じ店が並んでいたので、二店連続で^^;
右側の店ははずれらしい。

帰りの列車でそばの席の人ごめんなさい。

1日 [水] ほんとうは11月26〜27日

 今日は大分方面に旅行だよん。
家族二人を不要に入れたために、格安旅行を3人で出来るようになったのだ。

湯布院ではなく別府なのがちょっと残念だけれどね。
やはり力一杯寂れているなぁ。

まぁ、相当祖母も老け込んでしまっているので(数ヶ月前までは飛び跳ねるくらいかなり元気だったのだがなぁ)、ちょうどよかったけれどね。

ホテルの従業員による手品があったりするなかなか面白いところでしたよ。

結局翌日は遅くまで残らせて頂いてそのまま東京に直帰。お疲れ様でした。

その後秋葉原に行ったんだっけかな。


戻るのだ〜