戻る〜


完全不定期崩壊日誌7月


三都物語(後半)

Drive to the danger zone

しかし、うまし。
朝からいっちゃっている私はともかく、運転手も眠い。
先ほどの道の駅で一休み。

某地下室でおなじみの芸能人を強く推しているみたいね。

どこもかしこもきれいだけれど、トイレは汚い。

おそば

取りあえず、相方宅そばのお蕎麦屋へ。
どういうわけかまだおなか一杯だったりするのだけれど、取りあえずセット物を。
うむ、いい感じですな。悪くない。

本日の定食はかなり割安感漂っていたのだが…。おそばを食べたかったのだ。

ぼえ〜

満腹でいい感じになったところで、相方宅へ。
さらに駅へ出てカラオケやへ。
Hyper ではない JOYSOUND を十分堪能。
うーみ、仲間内だと、妙な歌謡曲とか歌わなくていいからいいな。

ながら族

駅まで送ってもらって解散。
新名古屋へ…うーむ時間があまりまくり。
大垣まで進み、構内をぐるっと一周してからながらに乗り込む。

岐阜あたりで、不正乗車している人がおっぽり出されていました。
名古屋まで乗せてもらっていれば、臨時大垣夜行に乗れたのですが…かわいそうに。
でも仕方ないですね。下手に出てない彼が悪い。

他にも、指定席が静岡までしかなかった人がいたり(自由席は熱海から)、大丈夫かと思ったらやっぱり、その席にお客さんが来たり。

帰りも、やはり途中から警察官が乗り込んできました。やはり何かあったのかな。
でも「一人で二席買う不正乗車しているやつがうんぬん」と大声で語り合うのはやめて^^;
私の席、場所が場所だけに隣が予備席だったらしく、降りるまで隣はいなかったのよ。
はみ出ないように寝ていたつもりではあるけれど。

後はいつもどおり帰宅。
5時前に今日の分を使い終わるというのもむなしいが、出かける精神力もなかったので、後は寝たままでおしまい。ぐぅ。

わっ、後半短っ。今回の写真はこんな感じ写真をクリックすると大きくなるんですよ。


三都物語(前半)

この旅行は7/27〜29です。

秋葉原到着19:50。ひーん、誰もいない。
この辺の時間にみんな揃うような予定を聞いていたのだが…。
悲しみにくれつつさまよってみる。
30分もすると、へろへろに。うううう。

ま、その後(1時間くらいで)なんとなくそろって、なんとなく解散はしたんだけれどね。

ながら

今日はまともそうなおじさんがお隣さん。
…う、酒飲んだり、ぐーすか寝たり。ちょっとうっとうしい。
最近ついとらんね。

あまり眠れないまま、名古屋のちょい先の駅へ。

名古屋のちょい先の駅

駅員さん、めっちゃやる気なさそう。
でも、駅舎はかなり綺麗。造りなおしたばかりなのかな?バスターミナルなんかもあるみたい。
…バス停がないけれど^^;;;

そこら中、かなり広い範囲で西瓜の破片が広がっているのが謎だが、何かあったのかなぁ。

友人と合流し、一路三重へ。

高速でスカッと津へ。所用時間は電車とほぼ同じ。

開店には程遠い時間についてしまったため、近場のガストで朝食。
…なぜ、調理場ではまともに調理しないタイプの店なのに、ここまで他店と味が違う?
まず〜。

あまりのまずさに悲しみに暮れつつもふぉかっちゃを食べまくってしまう。

さて、当初の目的地に行くか。

T2

お菓子工房だそうで。
店内に入ると…イートイン10時から…がーん。

しかし、店員さんが案内してくれたため、食べさせていただくことに。

ケーキ二つにお茶一杯…おいしい。
うまいよ、ハニ〜。
このお店はお勧めです。皆さんもぜひどうぞ。

お土産を購入したり、写真を撮ったりしてから移動。

犬山

名古屋をすっ飛ばして、犬山方面へ。
お菓子の城があるらしい。

移動中、かなり眠い。睡眠不足に弱くなったなぁ。うううう。

「みんなおいでよ」と言う看板が、どう見ても魔女。
デンジャラスな雰囲気にいざなわれつつ、入場。

入場料1000円…みゅう。

なかは…うーん、なんて言うか…センスが古いと言うか…頑張れ。
芸術や資料は面白かったけれどね。

ちなみに、お人形さん、乳バンドが外れているのとかあって、結構えろえろよ〜んでした。
目の毒。

ケーキバイキング800円とバイキング1500円。
後者を選択し、いざ…。
うーん、ま、こんなものか。あまり食べられなかったりしつつ、退場。お土産にぼうろを貰う。
(自社製造のくせに5ヶ月前の品だったり)

金山

さて、温泉だ。
北へ進路を取るも、あまりにも遠いことが判明したため、距離半分の飛騨金山へ。

…眠〜。死にそうに眠い。
運転してくれている友人は…。
…眠〜。まじで死んでしまうくらい眠そう。って言うか、運転手がそれはまずい。

道の駅で一休みしたりしつつ、目的地へ。

次の道の駅の向かいが目的地。
…給油港が開いている車があったりして、これまた危険がデンジャラス。

温泉は、ま、こんなものか。
効いたような効かなかったような…でもやっぱり少々効いている感じ。

休憩所で休んでいると、どこぞのお仲間がカラオケ大会を始めたので、早々に退散。


選挙

アップロードされるころにはとっくに終わっているような気もしますが…。
下の旅行の前に不在者投票に行って来ました。

ちょっと手続きが面倒だったり、妙に人件費をかけていたりしますが…なぜなんですかね。
そんなことはどうでも良くて、今回は自民党の圧勝でしょうね。
小泉さん、良くやってますな。評価します。

米国のようによその国にミサイルを打ちこんだり、他国に異常な圧力をかけたりすること無く人気を持っているのだから、これはかなりすごいことでしょう。
…私は自民党関連に投票しませんでしたが。

石原都知事と同じで、ある程度の力を振るうには、なんとしても支持率が必要だし、そのためには無駄なこともしないとね。
まぁ、彼がフルで任期を全うしても、目に見える効果は出てくるかどうかは難しいけれど、あきらかに目に見える形で大量に効果が出てきたら、多分、そのまま崩壊してしまうだろうしね。

雑誌とかでもぼろくそに書いている人がいるけれど、こんな短時間に何を望んでいるのかねぇ。
結果を評価するにはあまりにはや過ぎるけれど、駄目だの使い物にならんだのなんて…。

漫画みたいにうまくは行かないってことで。

全然関係無いけれど、たまよちゃんを応援!こたろーちゃんも気付け。


カーナビ様を求めて三日目(後半)

後半といっても、まだ10時5分にもなっていないんだけれどな。

新田辺

汗をだくだくかきながら、急行で北山へ。
ああ、いつもの地下鉄への直通なのね。なんて便利。
40分程度で着くのも幸せ…JRだと京都に行くまでも厳しいからね。
630円もかかるのが痛いけれど。

買ったばかりのするっと関西が、もう無くなりかけているよ。

北山

いつものマールブランシュへ。
ちと敷居が高い…山登りの帰りだからねぇ^^;
季節のデザート、枝豆と、燃えるお菓子。

…ま、こんなものか。
おいしいんだけれど、いまいち。
燃えるお菓子のほうは、非常に丁寧な説明をしてくれるのはいいんだけれどね。
ちゃんと料理人が出てくるし。
ちょっと、フランペに失敗していたのが敗因かな。

まぁ、満足はいく味だったので、口直しはせずに、そのまま会計。

ちょっと口が贅沢になっているのかもしれない。
ジョナサンのパフェももう一声安ければなぁ。

四条

次は四条へ行くぜ!
なんか、だんだん汗をかくことが気にならなくなってきたなぁ。本当は大嫌いなんだけれどね。
四条ではココリコへ。
長い事いっていないから、気になるのことあるよ。
(朝、大阪の地下街で見たけれどね)
…う〜。今回も見当たらない。
春も探して見つけられなかったんだよね〜。

いろいろ、調べて、完全な場所を特定…ありゃ〜せん。
どうもつぶれたらしい。がっかりだ。うううう。
泣く泣く京都へ。

京都→家

あぅ。5分差で、新快速に乗れなかったよ。
というわけで、のろのろとホームへ向かう。
よし、普通に乗って座っていくか。
関西は、普通もいい車両使っているなぁ。
ふかふかだ…ぐぅぅ。

なんか、予定より早いんで、「静岡でビール片手にとんかつとすしを食いながら特急車両の普通列車でGO!」計画はパス。
大体、まだ小田原から快速に乗れるちゃうような時間だぞ。
野洲→米原→豊橋→浜松→沼津→小田原→川崎→蒲田
駅で、ビールと野菜ジュース1.4リットル缶を購入して帰宅。

ふぃ〜。
脱水症状おこした体にビールは効くねぇ。


カーナビ様を求めて三日目(前半)

かゆ、うま

…かゆい。どうも、蚊に刺されまくったらしく、体中が痒い。
というわけで、目覚ましより早めに目が覚める。
でも、ぼけぼけしているうちに、目的の列車には乗りそこなったので、のんびりとJRの駅に。

大阪

ラッキーなことに、大阪直通の列車だったので、そのまま大阪に。
ちなみに、尼崎で本当は乗るはずだったムーンライトを横に見つけました。おお、遅れは2分程度だけだ。

さて、行動開始!
…道なりに進めばいいものを、地下街に入ったものだから、もう迷子。
しかし、商店街で全店閉まっていると不気味だなぁ。
仕方がないので、地上にでて適当にふらふら進む。
程なく中崎町駅に到着。すぐに、Tacticsの会社も発見。とりあえず、写真撮影。ビル写真はいらないよね。

中崎町

中崎町駅におりて、構内の写真撮り捲る。まだ6時だから人が誰もいーひんなぁ。
…でも、ゲーム中途同じ駅名でも、同じ背景はなさそうね? 場所が違うのかなぁ。
そのまま南森町へ移動。

南森町(大阪天満宮)

南森町をでると…うーん、胃の調子が悪いな。というわけで、大阪天満宮駅に入ってトイレを借りていざ出発。
特に迷うこともなく、某埴輪教団本部を発見。
うーん、暗くてよくわからないが、確かに埴輪だ。とりあえず写真撮影…と思ったら、中から人が出てきたので、そのまま何事もなかったかのように撤収。

引き続き、Key や OTHERWISE の本拠地へ。
お、ビルの前に怪しげな機材を積んだ車が。
…ここの上のほうだったよな、調べるか…と思ったら、中から巨大なビデオカメラ(スタジオ用のテレビカメラみたいなもの)を担いだおじさんが出てきたので、そのまま何事もなかったかのように移動。
あぅ。そういば、そんな業務もしているんだっけか。きびしいなぁ。
っとに、朝の6時半に怪しい人だよな…(お前がな>私)。
仕方がないので、向かいの Lolicon でお茶を購入…昨日も買ったな。
けぽけぽと飲みつつ眺めていても、ちっとも移動の気配がないので、あきらめて移動開始。
…うぐぅ、2分差で列車が行ってしまうよ。
おなかはたぽたぽだし、やってられまへんなぁ。
がっくりしつつ、大阪天満宮へ行き、後続の普通で快速に抜かれるまで先行することに。

京田辺

途中で快速に乗り換えて、京田辺へ。
…結構開けている町ね。
というわけで、早速甘南備山に向けて出発!
…いきなり、どローカルやん。なんてこったい。

予定時刻を過ぎても右折路がなく不安に。
…しまった、信号がないから、早く歩きすぎているんだ…泣きながら戻ることに。
朝7時台なのに、泣くほど暑い。たまらん…。
うーん、道はあっているはずなのだが、異様に狭い&農耕作業者以外の車の進入はどうのこうのなんて書いてある…いいのかなぁ。うーん。どきどき。
どきどき。
もう、なかったことにして帰ろうかなぁ。
どきどき。
と、そこに「甘南備神社こっち」の看板が! おお、あっていたのか。

甘南備山

しかし、整備されている…とは書いてあるものの、妙にわからん。
うむ、時間の縛りをはずしてのんびりさまようならいいのかなぁ。つらい。
またもや不安になってきたところで「甘南備神社こっち」の看板が。
うう、急な登りだし、道が悪いよ。
「もうだめだ、帰ろう、いいんだ、どうせ一人だし」の言葉が頭でぐるぐるするのにも慣れてきたころ、「甘南備神社こっち」の看板がみたび。
  神社

  寺の跡
と書かれていたので、迷わず奥側の道へGO!
…右上方から鈴を鳴らす音がする…。
あ、甘南備寺跡…。むぅ。
どうやらミスったようです。がっくし。
ううむ、看板は上下を表していたんですねぇ。というわけで手前の道を登っていく。
40度近い急な坂を上りきったところで到着。お参り。
ふう、達成感に満ち満ちてくるね。

ああ、カーナビ様。
さて、戻るか…って地図が行方不明。
かばんの中にもない。がーん。
まぁ、縮尺が大きすぎて、くねくね山道では何の役にも立たないからいいけれどね。
でも、ごみを落として帰るのも気が引けるので、その辺を探す。
…どこにもない。
うーん、喪失感に襲われてくるね。

展望台で、周りを眺めながら、半日くらい行き倒れたくなってくる。
僕は、もう疲れたよ…ふう。

ドリンク剤を飲んでのんびりしていると、なんとなく気力が回復。
へろへろと戻ることに。

帰りは道がわかるためか、気分的にさくさく戻ることができ、なんだかんだで10時過ぎに駅に戻れる。
途中、引っ越しした後の甘南備寺を訪れようと思っていたのだけれど、いつのまにか通り過ぎていたので、次回にチャレンジということに。

ちなみに、甘南備山での風景はこんな感じ


カーナビ様を求めて 二日目(後半)

府中

暑いにょ。
駅前のたい焼き、たこ焼きやもやっていないようだにょ。
タクシーの列を無視して、ひたすら進む。
…方向はこっちでよいのかしら?
不安になったころ、目印の中学校発見。
左折すると、なぜか結界が張ってあるというか、しめ縄で建物を囲っている家ばかり。
ううむ、よそ者は危険か?…でも、気にせず進む。
しかし、暑い…マジで暑い。
気持ちが弱ってきたところに首なし地蔵な一角を発見。
怖い…。太っていて首がないのなら怖くないがな。
更にずんずん進み、疲れ始めたころに、甘南備神社の鳥居を発見!
おお、これこそカーナビ様のおられる神社かの。

甘南備

階段をてくてく上ると、そこが本殿。
手水も水がすっかりなく、さびしい限り。
とりあえず、記帳しておく。らびっと参上!
あちこち見て周り…って、あれ? web 上の情報より狭いんじゃ。
でもPDAを忘れた私はあまりにも無力。とりあえず、ぐるっと回って、別のルートで下山。
うーん、狭いよな。おかしいなぁ。
でも、あまりに早く終わったので、一本前の列車に乗れそうな気配。次は45分も後だから、これはうれしい。
乗り継ぎの関係で、三宮には1時間早く戻れるしね。いそいそ戻ることに。

でも、暑い…なんか、汗は出なくなったし。くらくらくら。
涼しそうなスーパーが私を呼んでいるような気がしたが、無視して駅へ。
おお、出発の10分も前についてしまった。どうも「ふらふら」「歩みが遅いに違いない」「急げ」で早く歩いていたらしい。

ちなみに、甘南備山での風景はこんな感じ

ローソン

駅前のコンビニで、80円のお茶を購入。
普通の商店を儲けさせたかったけれど、ペットボトルはいやだったの。
口をつけた瞬間、体中から滝のような汗が〜〜〜。
やっとこさ暑さになれてきた…と思いきや、脱水症状を起こしていただけだったのね…^^;

あれ?さっきのたこ焼き屋が開いている…っていうか、輝く張り紙「たい焼きあります」
おおっ…たい焼き〜〜〜っ! …ダッシュ!

たい焼き屋

というわけで、たこ焼き屋で…「おばちゃん、カキ氷おくれ…白で」だって何でも100円だったし、めちゃめちゃ惹かれたんだもん。
すでにへろへろだった私は、たい焼きを購入する元気もなく車内へ。
ごめんよ、あゆあゆ。
ああ、氷がおいしい。お茶を飲んでいなければうまさ倍増だったに違いない。
っていうか、氷とお茶でおなかがちとたぽたぽ・・・体も冷えてきたかな。あぅ。

府中〜相生

程なくして福山に到着。乗り換え時間は1分。
ダッシュダッシュダッシュ。とても朝方病人だったとは思えないね。
そこまで走る必要はなかったのはお約束だったりしつつ、姫路へ向かう。

相生駅で新快速長浜行きに乗り換えられることが判明、いそいそと乗り換える。
結局姫路まで、さっきの列車には追いつけないし、始発ではないので混んでいるのだけれど、でも早めの乗り換えが肝心だからね。
ぎりぎり座れたのでラッキー。

神戸

明石と神戸駅の間で花火を発見。いいねぇ。去年だかは熱海で花火だったなぁ。
まさか、1時間後あたりにあのような事件がおきるとは想像もせず…。
ご冥福をお祈りいたします。

尼崎

乗り換え乗り換え。
ちょっと未知の世界でどきどき(って、今日のルートはどれも初めてだけれどね)。
土曜日のいいころあいだというのにがらがらです。

川西池田

というわけで到着。友人と合流。
みどりの窓口で指定券についていろいろと聞いてみるが、さっぱり要領を得なかったので、払い戻しだけしておしまい。
うーん。言い方が悪いのかなぁ。

友人宅→王将→NEOGEO LAND

友人宅経由で王将に。もう21時過ぎているからねぇ。
おいしそうなものは後にということで、スタミナラーメンと餃子だけを頼んだら、それだけでかなりおなかがいっぱい。苦しい。あぅ。水の飲みすぎかな?
SNKの元本拠地(今はお台場…なのかな)であるNEOGEO LANDを眺めてから友人宅へ。

就寝

お風呂を借りたり、テレビ見たりゲームを見たりでのんびりとすごしていたら、2時過ぎていることが判明。
あわてて寝ることに…2時半。あぅ。
携帯電話なんかで起きられるのかな…。ぐぅぅぅ。


カーナビ様を求めて 初日と二日目(前半)

出発

この旅行は7/20〜22です

いつものように23時半ちょい前に出発。
いろいろ忘れ物をしたので、ぎりぎりになってしまう。
横浜で18きっぷにはんこを押してもらっていざ行動開始(と言うか既に二日目かい)。

いきなり、浜松直前で踏み切り異常で20分くらい送れました。
私の列車は問題ありませんでしたが、臨時夜行は定刻につけたのかなぁ。
(かなり無茶な時間割だし)
でも、いつも何か起きるよね。

ながら

いきなり隣席の人に指定券を求められる。
ぶつかっているはずはないしなぁ…と思いつつ提示すると、どうも不正乗車撲滅キャンペーンを個人的にやっているだけの人だったみたいですね。
ちょっと電波入っている人でしたが、別に危害を加えられることもないので、問題なし。
…と考えるのは非常にうかつで、実は風邪ひきさんだったらしく…せきしてるやん…で、うつりました。
豊橋で、ちょっと調子が悪くなり始め、岡崎でへろへろ。いつも携帯している風邪薬がなぜかない。
帰ろうかどうしようか悩んでいるうちに名古屋着。
お隣さんもいなくなったことなので、ドリンク剤を一本飲んで三宮まで出ることに。
(三宮到着時にちょうど薬屋が開く&知っている医者もあるということで)
まぁ、今思えば、新幹線使ってもいいし、鈍行で戻って熱海か小田原あたりでもよかったんだけれど。頭が朦朧としていたんでしょう。
三宮で軽く過ごしてから、東京に戻ることに。残念だけれど、まぁ次回があるさ。

音楽を聞いて、気を紛らわせることにするが、まるで条件反射のように寝る…ぐぅ。
目覚めは大垣駅到着5分前。なんか、だいぶ気分がすっきり。

大垣→米原

各駅(途中から快速)のくせに、妙にふかふかのいす&クロスシートの電車で米原へ。
謎の団体客もいたけれど、結構静かでした。
その辺にいる勉強してなさそうな大学生二人。でも言葉は非常に品がいい…東京にはこういう感じの人たちいないよねぇ。
うとうとしているうちに、米原到着。なんだ、かなり気分がすっきり。

新快速

すぐに爆睡。気がついたら大阪でした。60分くらいかな?
気分はかなりすっきり。すっかり、東京に戻る気をなくしている私。
気がつけば芦屋で下りていたり。

アンリ・シャルパンティエ芦屋

日経新聞を読みながらのんびりと。
例によってクレープシュゼットを食べてみたり。
うん、おいしい。気持ち悪くならない。ばっちりだ。

三宮

阪神の直通特急で三宮へ。
蒲田駅に二軒もある薬屋チェーンで、風邪薬とドリンク剤を購入。ちょうどポイントがたまったということで引換券を貰う。なくしそうだ。
ボケボケしているうちに時間が残り少なかったので、来週も来るからと店には寄らずに駅へ(結局4週間行けずじまいだけれどね)。
新快速が来るまでの10分弱が異様に暑く感じ、これからの工程に恐怖を感じさせてくれたり。

姫路

列車内で、薬を飲んでのんびりと。あっという間に姫路着。
姫路では金券屋でスルッと関西を2000円分買ったり、ボールペンを買ったり。
ついでに、なぜか有名な駅そばを食べる。味は、まぁ、こんなものか。
そば粉を使用していないので、変な感じ。まだ慣れていないからだろうけれどね。
しかし、あぢぃ。
鈍行で福山を目指す。
ぐぅぅ。

岡山

なんか、快速があるとのことで、乗り換える。
行き先が延長されていて多少戸惑いました。
倉敷駅の壁やホーム下は蔵のようなデザインでなんか変。
友人から、来週は会えないからおいでとお誘いをいただく。
広島行きは中止することに大決定。

福山

福塩線に乗って府中を目指す。
電車をいくらかずらしたおかげで、どこもかしこも待ち時間がほとんどないのがうれしいね。
福塩線は中高生がいっぱい。
目の前の女の子なんてショートカットで、第三進東京私立第一中学校の制服みたいだし。
あやなみぃぃぃ。
新宿のブルマーレのよりも似ていたんよ。
学校が多いのか結構いろいろいたように思う。って言うか、いつも女子生徒を見ているなぁ。
男子生徒を少ししか見かけないのは、目にフィルタがついているのか?うーむ。便利な目だ。

さて、カーナビ様まで後少しだ!


三重襲撃旅行 最終日

全然、三重に足を踏み入れていないけれどね。

爆死! 睡魔との戦い

…げ、もう朝食の時間終わっているじゃない?
牛乳とオレンジジュースをけぽけぽのもうと思っていたのに。

一人で空腹感を覚えつつ、一旦友人の家へ。
二台に分乗。お別れも近い。

食欲!洋菓子の盛り合わせ

うまいといわれるケーキ屋へ GO!
…うむ、いい感じだ。飲み物はいまいちだが、ケーキはよい。
3つセットでも割と安いのがいいよな。

満足したところで、栄へ。
栄では、ミルフィーユの店へ。

…じゃ、カレーとケーキのセットね。
え、昼はミルフィーユないの?がーん。

ほう、待っていてくれるなら、すぐ作るよ〜?
ええ、待ちますとも。
というわけで、作ってもらって食す。
味はいい感じ。ミルフィーユ、何気に作るのも味を安定させるのも難しいんだよね。
うーみ、1.5時間もいたよ。

別離!また逢う日まで

名古屋駅へ行き、各自、適当なお土産を購入。
解散、さようなら。ありがとね〜。

早速、都市高速で GO!
…って、行き先ミスって大慌てで降りてみたり。
環状じゃないから、戻れないのよね。

仕方がないので、下で東名阪に行き、そのまま東名東京へ。
なんか、2時間程度でついてしまったような気がするなぁ。
まだ6時だよ。

東京を出たところで、携帯電話を片手にNSXとバトルをしてみる運転手…怖いって。
渋滞しているのに〜…って、みんな避けているや。

家まで送っていただいて、解散。どもでした。


三重襲撃旅行 中日

後半、愛知だけれどね。

朝の風景

6時起床…眠くて挫折。6時半起床。
朝風呂を浴びにGO!
…7時からなので、開いてなし…使えん。雑誌を読みつつ待機。
昨日は女風呂だったほうが今日は男風呂。
こっちのほうが見晴らしがよくていいなぁ。

7時半ごろ、友人も一人加わったりして、8時前に上がる。
温泉、気持ちはいいけれど、肩こりがあまり取れてないみたい。
この手のは山のが効くそうなので、山梨県竜王に期待しよう。

さて朝ごはん、やっぱりバイキングなのだけれど、今日も大食らいの予定なので、軽めに。
トマトジュース、オレンジジュース、牛乳などをけぽけぽと飲む。
トマトジュースって何気に高いのよねと1リットルくらい。

10時ぐらいまでのべ〜とすごす。
いやぁ、家族旅行なみにのんびりさんだね。

恐怖! サイズが2/3!

のんびりと漁村へ…。
この辺においしい海鮮料理の店があるのだが…。
むぅ、この町(村?)小型車ばかりだ。駐車場まで小型車サイズ…。
まずいところに来てしまったかもしれない…と思いつつ、行き詰まる(笑)

適当な銀行に突っ込んで早速味わうぜ。
…えびえび…。うま〜い。
割と大量の海鮮料理と新鮮なえびに舌鼓を打ち、幸せ〜。

残念!ピントが合いません

そのままのんびりと鈴鹿へ GO! …。
って、一般道ですか^^; むぅ。このナビ一般道好きなのね。
高速の入り口付近でいきなり一般道に変わってくれはる。

長い直線で3台まとめて抜こうとしたら対抗されて、気づくと140キロ出ていたりしながら鈴鹿到着。

めがねを取りたくないので、ジェットコースターをパスしたら、乗る物が少ない…。
とりあえず、サーキット(の半分)をカートで GO!
…ぐはっ、誰でも乗れるカートだけに、めちゃ遅い。

その遅さは、体重差だけで私が最速になってしまうくらい、パワーがない。
時間ではなく、ラップなのでくねくねくねくね進んだりしつつ…おお、向こう半分はバイクのレースをしているのね。
あとは、気軽な乗り物をいくつか乗って終了。

継続! 本場の味!

ほえほえと名古屋へ進む。
ぐはっ。また一般道ですかっ!

えらい時間がかかってしまったので、カート場などをパスし、ひつまぶし屋へ。
混んでいる…むぅん。
1時間弱程度で店に入り、食す。
…うま〜い。
飛びぬけて、うわこりゃすごいってほどではないのだが、それぞれがいろいろこっていて、おいしいのです。
…これだけ人が入っているのに、よくこれだけの味を維持できているよね。

凍死!暁の山に散る

満足したところで、山へ。
…今日は、氷で行くぜ!
…?マンゴー(辛口)
…からいの?

できたものは、こんな感じ…でかい

うーん、辛味はそれなりだけれど、氷が多すぎるよ〜。
水で飲むにしても厳しいくらいあるよ〜。解けてきたよ〜。
というわけで、体が受け付けなくなったので、挫折。冷え冷え。
見た目だけでもすごいのに、中にしっかりアイスクリームが三つも入っているんだもんな。

へろへろ状態で、適当なビジネスホテルにチェックイン。
適当に解散、おやすみなさい。

ぼぅっとテレビを見ているうちに、寝る。ぐぅ。


三重襲撃旅行 初日

序盤

この旅行は7/7〜9です。

何にも準備ができていないよ〜と思いつつ、25時ごろ就寝。
最近、いやな旅行慣れしてきてしまったような気がする。

3時起床。頭くらくらよ。
とりあえず……、風呂に入る。
20分程度で出てきて、さてどうしよう。あ、恋愛CHU!の歌を持っていくことに決定だな。
というわけで、早速コンバート&30分分程度CDとして焼き始め。
…のちに、肝心の恋愛CHU!のみ周波数のエラーで焼けていなかったことが判明。
ちゃんとコンバートしたのになぁ。

45分ごろにお迎え接近との連絡を受け、のろのろと最終準備。
第二陣に対し、第二合流ポイントへ0415に来るように連絡。
…回収班、余裕でうちの前を通過してしまったらしく、合流はさらに20分後^^;

10分弱で第二合流ポイント到着。
第二陣、まだ家も出ていず、合流失敗。先行き不安。
こんなときは、コンビニで買い物したり合流したりしてのんびりと…出発0435。

すでに世間は渋滞開始、東京ICまで30分弱かかってしまう。
高速そのものはすいていていい感じ。でも天気はかなり悪し。

適当なペースメーカーを見つけて、いざクルージング…失敗。
みんな道を譲ってくれるんで、どうしようもない。なんでやろね。
運転手自力の走行を覚悟。

なんか、体感速度があるのに、針は右上を刺しているよなぁと思いつつよく見ると…
げ、メーターが320キロまでありやんの。 さしている数字は220キロ…ううむ。いきなり怖くなってみたり。

しかし、運転手の精神的疲労がひどすぎたため、東名阪を降りるまでに3.5時間かかっていたり。
5回くらい休憩したもんねぇ。

たい焼きも勧められたし…って何でやねん。

都市高速に入るはずが、なぜか一般道をとおり第三合流ポイントへ。
蒲田から5時間程度で到着。

食い倒れ?

45分程度のんびりしてからいざ出発、
まずはムースの店…って開いちゃいねぇ。
暑いし時間をつぶせるところもないので、近所の喫茶店で。
ここはお茶代で、パンやヨーグルトが食べ放題らしい。しかも、隣席のおばさんの説明によるとチェーン他店はもっといろいろ食べ放題らしい。
(けちだわ、ひどいわとうるさかったが、私には感動的な安さだったな)

さて、肝心のムースは…まぁ、おいしかったです。
乳製品の味とその他が多少分離というかけんかというかしていたのが残念ですね。
さらに、なたでここじゃなくてなんだっけ?のアールグレイミルクティを飲んだのですが・・。
これは、まぁ、おいしかったですかね。
このお店には合格点をあげましょう。

おなかいっぱいということで、ミルフィーユをパスして味噌とんかつ屋へ。
ランチと同じものだということで注文。
…んー、上というよりは普通の感じがするけれど…まぁ、800円から安いもんなぁ。
店員さんがかなり悪かったけれど、味はまぁまぁ。

お参りしても、やっぱり食い倒れ?

一気に伊勢にGO!
途中一回休憩しつつ、一時間ほどで到着。近いのね。
内宮そばのおかげ横丁へ。赤福餅を食べる。ああ、お茶がおいしくてよいよい。眼前を流れる五十鈴川がいい感じ。
店員さんはほとんどが若くてきれいだし、接客態度は妙にいいし、いい店だ〜というか、すごいな。
赤福餅製造の実演担当も若いお姉さんだったのが謎だけれど(普通は熟練のおばさんがやっているはず)。

五十鈴川を渡り、いざ伊勢神宮敷地内へ。
全体的に木陰でいい感じ。川のそばなのに蚊も飛んでいないし。
お札授与所の巫女さんがいきなり全員退出〜に衝撃を受けつつ、奥へ進み おまいり。
お神楽をしていただく話もあったのだけれど、時間が遅かったのでパス。

帰りにお札授与所で思い思いのアイテムを購入。
なんか、あちこちの神社のお守りその他がたまってしまっているな…。
ここは多くの神社の上位互換だからいいか。

再びおかげ横丁で、焼きたてのおせんべを購入。
売り子のお姉さんのお勧めで、一味にしたのだけれど…辛〜。

引き続き、赤福分店で今度は赤福氷(通称「氷」)を購入。
一見、ただの抹茶味のカキ氷(カキコオロギじゃないよ)なのだけれど、こんな感じ。
・抹茶味のシロップ(結構いい味)
・中にあんこ
・更に赤福と同じと思われる餅二個
これで400円。値段はともかく、価格性能比(用は値段に対する味)は最高でしょう。
お茶もいくらでも持ってきてくれますし。
しかし、何ゆえ、お年を召した店員さんがいないのかな。
男性店員もいないな…そういえば。

ちなみに、甘夏バージョンもあるそうです。(この日はなかったはずですが)

怪しい妖しい宿泊地

そのまま先に進み、合歓の里へ。
「ねむのさと」と読むのだけれど、合歓と書くと、なんかえっちだねぇ…とおもいつつ。
(わからない人はgooの辞書などで調べてみよう)

到着すると、中では結婚式をしていました。
そのうち、妙に長いリムジンが来たりして、なかなか怪しい雰囲気に。

うちらはいそいそと部屋へ行き、更にいそいそと風呂に行きのんびりと。
あ〜のびのび〜って、しまった!食事は後45分しかないっ!!
いそいそと食堂に行くと大混雑、待ち時間不明。
ようやっと番がくるも「待ち時間不明」おおい、後30分もないよ。
「20時半までは料理も追加しますし、21時半までは利用できますから」そなの?

というわけで、遅めの食事開始。
…料理引換券2枚もらったけれど、これ1枚1000円なのか。高いな。
というわけで、食べすぎでぐったりする我ら。やはり食べ過ぎてこそって感じだな。

食後はアミューズメントコーナーでまったりと…ってなつかしーゲームが多いな。しかもみんなメンテがしっかりされているし。
途中から卓球に燃える人がいるも、私は眠気に襲われて、ふらふらなのでパス。
見ながら寝ていたような気がする。

部屋に戻り、ビールを飲みつつウノ開始。
何がスイッチを切り替えたのか、なんでもないことでいちいち笑い転げる集団4人。
今思い返しても謎だが、非常に楽しかったので、よし。

早めの24時過ぎ就寝。


タイトル通り

タイトルに偽りなく、完全不定期で、書きこむことに。
リアルタイムにどうこう書かれていようが、適当にほえほえ書かれていようが、実際にはどうでもいいはずなんだけれどね。
影響なんてないんだし。


タイトル通り2

やあやあ、毎日暑いですな。
FF10がどんなゲームかもわからないのに、世の中にはクリアした人もちらほらいる今日この頃いかがお過ごしでしょうか。

この日記、完全不定期と銘打っているにもかかわらず、まるで飛ばしてこなかったのですが、日記書く暇ないぞってことで、一気に3週間強飛ばします。
しかも、日付の順番もめちゃくちゃにするかも。

って書いてから更に3週間ほど飛ばされていたりしますが、まぁ、大勢に影響はないでしょう。
上のクリアしたうんぬんは、もちろんコカコーラで当たった皆さんの事です。はい。


戻るのだ〜